爪水虫治療薬

爪のトラブルに悩んだら爪水虫治療薬クリアネイルでケアをしよう

 

爪のオシャレを楽しんでいたところ、爪が緑色になってしまって悩んではいませんか?

 

 

また、爪が白く濁ったりボロボロになったりといった症状が出てしまって困ってはいないでしょうか。

 

 

こういった症状は、緑膿菌や白癬菌という真菌、いわゆるカビによって引き起こされています。

 

 

健康できれいな爪を取り戻すためには、治療薬を使ってケアをすることが大切です。

 

 

具体的には、爪水虫治療薬クリアネイルを利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

これは、爪水虫専用の薬です。

 

 

一般的な爪水虫治療薬は内服薬が多いのですが、この薬は外用薬となっています。

 

 

ですから、肝臓や腎臓などに負担をかけて副作用が起きてしまう心配がなく、安心して使えるのが魅力です。

 

 

爪水虫治療薬クリアネイルの使い方は、1日に2回、爪に直接塗るだけです。

 

 

爪の表面と甘皮部分に塗った後、薬剤を爪の表面にすり込むように指で伸ばしていくと上手に塗れます。

 

 

薬を塗ると、有効成分であるトルナフタートが浸透していってトラブルが起きている部位に届きます。

 

 

ちなみに、緑膿菌や白癬菌は放っておくとどんどん侵食を続けて、トラブルの部位が拡大していってしまいますので、トラブルに気づいたら早めにケアを始めることが大切です。

 

 

また、1度治療を始めた後は、トラブルが起きている部位が完全に生え変わるまでは、油断をせずに薬を塗り続けるようにすることも重要になります。

 

 

まだトラブル部位が残っている状態でケアをストップすると、まただんだんと菌が侵食してきてトラブルが再発してしまうからです。

 

 

足の爪は1か月に1.5ミリ程度しか伸びませんので、爪の先端から3ミリがカビに侵食されている場合には2か月くらい、4.5ミリ侵食されている場合には3か月程度、生え変わりに時間がかかると考えられます。

 

 

ご自分の爪の状態を確認して生え変わりにどれくらい掛かりそうか確認した上で、その期間中はしっかりとDr.Gs クリアネイルを使い続けるように心がけてみてください。

 

>>Dr.Gs クリアネイル【最安値】公式通販ショップはこちら<<