緑膿菌

女性にも爪水虫に悩んでいる方が多いです。

スカルプチャー(つけ爪)や、ジェルネイルなど、爪のおしゃれを楽しむ女性の中には、爪が緑色に変色してしまうグリーンネイルと呼ばれる症状を経験したことがある方がいるかもしれません。

 

 

グリーンネイルは、爪が緑膿菌という細菌に感染してしまうことによって起こります。

 

 

緑膿菌は、私たちの身の回りにいつも住んでいる常在菌の一種で、特に水周りに多く生息しています。

 

 

健康な人にとってはほとんど害のない菌ですが、スカルプチャーやジェルネイルと自分の爪の間の隙間に緑膿菌が入り込んで繁殖してしまうと、自爪に緑膿菌が入り込み、グリーンネイルを引き起こすのです。

 

 

スカルプチャーをつけっぱなしにしたり、ジェルネイルが浮いた状態で水仕事をしたりすると感染しやすくなってしまいますので注意が必要です。

 

 

もしグリーンネイルになってしまったら、『Dr.G's クリアネイル』で治しましょう。

 

 

もともとネイリストからの要望で開発された『Dr.G's クリアネイル』はもちろんグリーンネイルの治療にも効果を発揮します。

 

>>Dr.Gs クリアネイル【最安値】公式通販ショップはこちら<<