クリアネイル 評判

爪の表面からも浸透するDr.Gs クリアネイル

 

ある日から爪の色合いがおかしくなってしまい、少し黒っぽい色合いをしていたので、最初は爪をどこかにぶつけてしまったのかと思っていました。

 

 

しかし爪のあたりに痒みが生じてきたり、次第に黒い部分が広がってきた事で、これは爪の水虫だと気付けて、Dr.Gs クリアネイルを利用する事になりました。

 

 

この塗り薬は私の周囲でも評判が良くて、真菌に対して強い効果を発揮できると期待されています。

 

 

水虫の原因菌やタムシなどの感染症対策として、アメリカでも活用されている塗り薬だと分かったのも、Dr.Gs クリアネイルを頼りたくなった理由の一つです。

 

 

私の場合は足の親指が黒く染まっていて、中指が緑色に変色するグリーンネイルという症状が起きていて、カビのような状態になっているとの事でした。

 

 

このままでは変色している範囲が、更に広くなると怖くなってきた段階で塗り薬を利用できたのは、タイミング的にも良かったと思えます。

 

 

水虫用の塗り薬というのは、爪と皮膚の隙間に塗るものだというイメージがあったのですが、Dr.Gs クリアネイルは少しばかり違いました。

 

 

爪の表面から薬を塗布しても、次第に爪の下の患部まで薬の効果が浸透してくれて、その浸透力の凄さには驚かされるばかりです。

 

 

1日に2回ほど塗布する必要があるのですが、1回の塗布にかかる時間も短いために、仕事が忙しい人でも面倒臭く思う事はないでしょう。

 

 

配合されている成分についてインターネット上で調べてみても、安全性が確認されている成分が多いので、特に不安なく爪に塗布し続けられています。

 

 

アメリカでも偽造品が出回っているようなので、なるべくDr.Gs クリアネイルの購入ルートには気を付けておく事をおすすめします。

 

>>Dr.Gs クリアネイル【最安値】公式通販ショップはこちら<<