白癬菌 対策

副作用がないから安心の爪水虫治療薬

爪水虫は、水虫の原因となる白癬菌という菌が爪に感染することによって起こります。

 

 

白癬菌はカビの一種ですので、ムレやすい靴の中では増殖しやすく、全身の中で最も足がかかりやすい皮膚病です。

 

 

皮膚の水虫はかゆみやただれなどの症状が出てわかりやすいですが、爪には神経が通っていないために、感染しても自覚症状がなく、進行して爪が変色したりボロボロになるまで気がつかないケースも多いです。

 

 

菌はどんどん繁殖して拡がってゆきますので、水虫や爪水虫が自然に治ることはありません。

 

 

感染に気づいたら、少しでも早く治療を開始することが早い回復につながります。

 

 

爪水虫の治療は、内服薬でも可能ですが、肝臓や腎臓に負担がかかり副作用も多いため、今では塗り薬による治療が主流となっています。

 

 

『Dr.G's クリアネイル』も、そんな塗り薬のひとつ。

 

 

特許を取得した浸透技術により、有効成分が幹部に浸透し、塗るだけで水虫の原因菌を死滅させてくれます。

 

 

ただし、爪水虫の原因のほとんどは、皮膚に感染した白癬菌が爪に移ったものなので、皮膚の水虫と爪の水虫を同時に治療しないと効果がありません。

 

 

水虫用の塗り薬「ラミシール」との併用がおすすめです。

 

>>Dr.Gs クリアネイル【最安値】公式通販ショップはこちら<<