クリアネイル 副作用

1日2回。爪の上から・爪と皮膚の間に塗布!

爪水虫は、皮膚科に行って血液検査をしたり、肝機能のチェックをしたり、飲み薬を飲み続けて半年も通院するなど、面倒なことが多いものです。

 

 

塗り薬を使えば、肝機能に問題がある人や、肝機能が低下する副作用を避けたい人にも便利です。

 

 

アメリカでは爪水虫の塗り薬が複数販売されています。そんな塗り薬が入手できます。

 

 

爪の上や爪と皮膚の間に塗るだけで、クリアネイルフォーミュラが患部に浸透して、爪水虫をケアします。ネイルサロンでも業務用として使われている安全な薬です。

 

 

無色無臭で、外出の時でも安心です。マニュキュアをしているうえから塗ることもできるので、手軽に使えます。

 

 

爪水虫の菌は、白菌という真菌の一種です。この菌に直接働きかけるのは、トルナフタートという有効成分です。

 

 

米国特許取得済みです。有効成分のトルナフタートが爪表皮から侵透していきます。

内緒でお届け!商品名は記載しておりません。

爪水虫は爪の表面が茶色や黒に変色して、爪と爪の下の皮膚の間にボロボロしたものができて、爪が少しずつ浮いてきてしまうもの。放っておけば爪がはがれてしまいます。

 

 

グリーンネイルは爪が緑色に変色してしまうもの。ネイル好きな人は経験があるかもしれません。

 

 

緑色に変色しているのも爪水虫です。爪とつけ爪の間に緑膿菌が発生してできることが多いのです。

 

 

塗り薬は、爪の表面だけでなく、爪と皮膚の間にも塗っていきます。爪がはえかわるには、半年くらいかかることもあります。

 

 

個人差がありますが、塗り薬を塗って、新しい爪に徐々に生え変わって、爪の状態も良くなったら、完治したと考えていいでしょう。

 

 

ここで注意したいのは、爪だけでなく皮膚の状態も注意が必要なところです。皮膚の方に水虫菌が残っていると、爪にもまた水虫が出てしまう可能性が出ます。

 

 

サンダルの季節、プールや海で爪がボロボロなのは悲しいし、清潔感にかけるもの。

 

 

男性も意外と目立つのが、足の爪なんです。クツを脱いではだしになる時、爪が変色しているのは辛いですよね。

 

>>Dr.Gs クリアネイル【最安値】公式通販ショップはこちら<<